ノアンデ

ノアンデを購入してわかったこと。加齢とともに匂いが強くならない

 

ノアンデを購入してわかったことがあります。
それは上記の画像にある「METHOD BOOK」というノアンデを購入した際についてきた付録冊子に書いてあったことです。脇の匂いのアポクリン腺から出る汗や皮脂腺に細菌がくっつき匂いの素がワキから発せられる。

 

 

そのようなことが書かれています。
まぁこれについては、ある程度知っていることでもありました。

 

 

そして、アポクリン腺が発達の度合いによって、細菌のくっつきが上下し匂いが強くなる傾向にあるようです。
このアポクリン腺ですが、その”発達の度合い”に関してですが

 

 

これは一番活発になる時期が”思春期”らしいです。

 

この理由は”性ホルモンが関係しているから”がどうやら理由のようです。

 

基本的に汗の原因はホルモンの中でも男性ホルモンが大きく影響しているというのは有名です。

 

 

 

それが思春期になると色々活発になり、どうやら男女とも思春期は脇の匂いも強くなるようです。

 

ただちょっとここで驚いたのがどうやら
加齢臭とワキガは全くの別物

 

らしいんですよね。

 

ノアンデの「METHOD BOOK」という冊子にはこのように書かれていました。

 

なのでイコール、ワキガには年齢は関係なく「ワキから強い匂いが発せられる人は発せられるし、発しない人は発しない」ということにもなると思います。

 

 

 

そのため、私としてはワキガは勝手に「年齢も30歳を超えてからは出てきやすかったり、遺伝的にワキガになっている人もいる」と思っていた考えは間違いだったようです。

 

そういった事実からすると、ノアンデを購入しようとして悩んでいる人は自分で「私最近なんだかワキからの匂いが強くなった気がする…。」「なんとなくワキをクンクン嗅いでみると前より匂いが強烈になった気がする…。」など感じられたらノアンデを浸けてみるほうがよいかもしれません。

 

結局のところ、「いつ脇の匂いが強まってきたりするかはわからない」という答えだからです。

 

 

これについては私もちょっと知らなかったのですが、なんとなく自分でそれは気づいて脇や身体の汗の匂いケアは判断して保護した方が良いんだなと思いました。

 

 

 

>>ノアンデの口コミレビュー【購入して実践】
>>ノアンデは夏の日にスポーツして汗かいても取れないのか?